スポンサーリンク

関西から行けるおすすめの釣り場情報【大阪湾北港・常吉大橋下】

スポンサーリンク

関西から行けるおすすめの釣り場情報【大阪湾北港・常吉大橋下】

関西方面から気軽に日帰りで行ける釣り場スポットをご紹介します。

今回の場所は南港かもめ大橋の下です。

ここは釣り解放区になっており、自由に釣りをする事ができます。

常吉大橋への行き方

①舞洲を南側から北へ進み、常吉大橋手前の脇道を左側へ進む。

②突き当りが釣り場ポイント。

(黄色のエリアが釣り開放区域となっています。)

③車は釣り場に横付け可能です。

(常吉大橋より北西側は駐車可エリア。)

※近くにファミリーマートがあります。

(緑の◯印)

常吉大橋下の風景

橋の真下からの風景。

ヒロユキ
ヒロユキ

朝焼けが綺麗ですね。

 

舞洲スラッジセンター

釣り場のすぐ後ろには「舞洲スラッジセンター」があります。

変わった建物ですが、下水汚泥処理場です。

大阪市:舞洲スラッジセンター(下水汚泥処理場)のページ

 

常吉大橋下で釣れる魚種

ここで主に狙う魚種はチヌ・シーバスになります。

殆ど釣り人が、落とし込みやフカセでチヌを狙い、ルアータックルではシーバスを狙っています。

秋にはタチウオも多く釣れるポイントとして有名です。

もちろん夏場にはアジやサバなどのサビキ釣りが楽しめ、週末には多くの釣り人が所狭しと釣りを楽しんでいます。

足場も良く、コンビニも近いので、ファミリー層にも人気がある釣り場スポットとなっています。

 

常吉大橋下で釣ったキビレチヌ。

 

もういっちょ。

チヌの釣果実績が多いスポットです。

しかし、かもめ大橋に比べると魚影は少し薄いかなという印象を受けますね。

その分、釣り人も少なめに感じます。

(平日に限りますが。)

 

かもめ大橋の紹介はこちら。↓

 

常吉大橋は橋の下も釣りポイントになっているので、雨をしのぎながら釣りをする事もでき、車も横付けできるので、釣り場まで歩く必要もなく、釣りをするのに好条件が揃っています。

また街灯もあるので、夜でも視認性を保ったまま夜釣りを楽しむ事もできます。

ヒロユキ
ヒロユキ

釣り初心者の方には海釣り公園並におすすめです。

 

常吉大橋での釣果レポートはこちら。↓

釣り場は必ず綺麗にして帰りましょう!

・ゴミを撒き散らさない!
マナーの悪い釣り人が原因で、釣り場開放区域がどんどん減っていってます。
必ず出したゴミは各自で持ち帰るようにしてください。
・仕掛けをそこらへんに絶対に捨てない!
野生のハトや猫たちに、仕掛けがからまってしまう事があります。
使い終わった釣り糸や釣り針は、必ずきちんと回収して持ち帰るようにしてください。
宜しくお願いします!

 

タイトルとURLをコピーしました