スポンサーリンク

雨の日にキャンプをする人こそがキャンパー最強説

今日は雨でキャンプが中止となりました。

え?雨だとキャンプ行かないのかって??

断言します。

雨のキャンプを楽しめる人は相当の強者です。

ヒロユキ
ヒロユキ

僕には無理です!

雨のキャンプとかけましてー、5本指ソックスと解きますーーーー。
その心はーーーー?
とにかくなにもかもがめんどくさい。
そんな感じですね。
って事で今回は、
雨の日のキャンプの特徴
を話してみたいと思います。
ちなみにキャンプの専門サイトにあるような綺麗事は一切書いておりません。
実体験から感じたことを赤裸々に綴った記事になります。
はっきり言ってネガティブな事しか言いませんので悪しからず。
スポンサーリンク

雨の日にキャンプをする人こそがキャンパー最強説

僕はまだ、雨の日でもキャンプに出かける人に出会ったことがありません。

キャンプの予定をしていても、事前に雨だとわかれば今回のように必ず中止になります。
それは当たり前だと思います。
しかし!!中には行く前から雨が降っていても、強行する人もいるかと思います。
いや、マジ尊敬します。
でもね…キャンプをしてる最中に雨が降ってくる事だってまぁまぁあるんですよ。
というか、結構あります。(^_^;)
キャンプ地は山の渓谷や麓にある事が多いので、意外とあるんですよ、通り雨にぶつかる事が。
って事で、雨が降って何が嫌かを列記して見るので、それでも行けそう!って思えた人は一度、雨のキャンプにチャレンジしてみてください。
僕はそんなあなたに拍手を送ります。
( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ!!
再度言いますが、
ヒロユキ
ヒロユキ

僕には無理です!

 

では、雨のキャンプの特徴をざっと記してみます…

何をしててもとにかく濡れる

当たり前ですが、とにかく濡れます。

テントを設営する時も、テントを片付ける時も、ちょっとトイレに行く時も、ちょっと薪を拾いに行く時も、とにかくいつでも何をするでもずぶ濡れになります。

いくらタオルがあっても足りません。

 

焚き火の火が点かない、消える、薪が燃えない

キャンプと言えば焚き火ですが、その焚き火もままなりません。

小雨程度ならなんとか着火に成功すれば、できる場合もありますが、燃やす薪も濡れていればなかなか燃えず、そうこうしてるうちに、やっと着けた火が雨で消えてしまったりと、とにかく思うようにいきません。

焚き火に癒やされるどころか、ひたすらイライラします。

 

身体が冷え切るので夜がヤバイ

雨に濡れると身体が冷えてしまいます。

衣服まで濡れてしまったならばちょっとヤバイです。

夏でも山手の夜は、結構冷え込む所があります。

着替えがあれば良いのですが、濡れた衣服を着たまま寝て、体温が下がったらマジヤバイです。

生き死にの問題になってきます。

おまけに豪雨だとテントの質にもよりますが、テント内に水が浸水してくる事もあります。

そうなるととても寝てなんていられません。

 

得体の知れない虫が出てくる

水気を好む得体の知れない虫(特にナメクジ系)やヒルなどが、わんさか出てきます。

もうそれだけでパニック状態です。

 

キャンプを終えて帰ってからの後片付けが大変

テントを始め、すべての荷物が濡れるので、ひとつひとつ乾かしてから、片付けなければなりません。

晴れの場合だと、テントなら現地で片付ける前に、ちょっと干して乾かして片付ける事もできます。

しかし雨の場合だと、持って帰ってから天気が晴れた別日にわざわざテントを出して、出したテントを開けて乾かさなければカビが生えてしまいます。

もちろん他のキャンプ道具もすべて、水気や湿気を完全に取ってから、片付けなければなりません。

どうですか?

あなたは強行できそうですか?

雨のキャンプ。

最後に一言言わせてください、

ヒロユキ
ヒロユキ

僕には無理です!

タイトルとURLをコピーしました