スポンサーリンク

大容量モバイルバッテリーのすすめ

スポンサーリンク

大容量モバイルバッテリーのすすめ

みなさん、モバイルバッテリーは使われてますか?

外出時にスマホのバッテリーが減ると不安になりますよね?

そんな不安を解消してくれるのがモバイルバッテリーです。

ヒロユキ
ヒロユキ

僕もアウトドア時になくてはならないアイテムのひとつが、モバイルバッテリーです。

そのモバイルバッテリーも最近では大容量のものが安価で手に入るようになりました。

そこで今回は、モバイルバッテリーの人気商品から実際に僕が使用している商品などを紹介します。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーとは

LAKKOモバイルバッテリー大容量13800mAhが届いた

スマホやタブレットをはじめ、携帯ゲーム機や加熱式タバコ等、外出時に携帯する電子機器を充電するための充電池の事です。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーを選ぶときの注意点

モバイルバッテリーを選ぶときの注意点をあげます。

1.電池容量

一番大事なのは電池容量ですね。

目安としてはスマホを一回フル充電するのにおおよそ3000mAh(ミリアンペアアワー)程度の電力が必要になります。

ですので10000mAhのモバイルバッテリーの場合、約3回フル充電できる事になります。

しかしこれはあくまで目安であって、モバイルバッテリーの状態(使用歴)や気温など、様々な要因で実際に使える容量は変化します。

なので余裕を持った容量を選択するようにしてください。

スポンサーリンク

2.形

モバイルバッテリーにはスティック型や、ボックス型、カード型など様々は形のバッテリーがあります。

自分のライフスタイルに合う形のものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

3.急速充電の有無

通常のスマホの充電は5V/1Aで充電されますが、出力が5V/2Aで急速充電可能なものがあります。

どちらかというと、外出時には早く充電させたい時が多いと思うので、5V/2A出力がついているものを選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

4.INPUT/OUTPUTの規格

INPUTは充電器を充電する時の充電口の形ですね。

たいていはmicroUSBになっていますが、たまにminiUSBやType-Cのものがあったりします。

OUTPUTは付属するケーブルの種類になりますね。

これもたいていはmicroUSBなのでiphoneなどアップル製品の場合は別途ライトニングケーブルを用意する必要があります。

ただ、この4の問題に関しては今では100円均一ショップで変換できるものが売られているのでそんなに気にする事もないかと思います。

スポンサーリンク

おすすめのモバイルバッテリー

安心のブランドアンカーのモバイルバッテリー

 

 

ちなみに僕が先日購入したのがこちら、

LAKKOコンパクトモバイルバッテリー

コンパクトさと容量で選びました。
毎日充電する人だったら5000mAhで十分かもしれませんが、出張や泊まりの外出が多い方は、15000mAh以上の大容量のものを選択すると間違いないと思います。
ヒロユキ
ヒロユキ

あなたにあったモバイルバッテリーを探してみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました